女人守護・市場守護(しょうばいしゅご)の神社として平安時代から皇室、公家、万民の崇敬篤く、御神徳を奉賽したことは史記にも多々散見している神社です。

女人守護
御祭神は全て女神様をお祀りしていることから女性の守り神とされ、良縁、子授け安産にご利益があり、特に「女人厄除け」の神社として厄年を迎えた女性が厄除けを願い、全国から参拝に訪れます。
歴代皇后の崇敬篤く、現在も「皇后陛下祈願所」として御安泰のお守り「女人守り」を献上されています。

御神像
境内の内々陣には、御祭神「多紀理比賣命」が御子神「下照比賣命」を抱いた全国的にも珍しい御神像が安置され、花山天皇の勅作と伝えられています。御丈、一尺五寸の一木造りで御母神が御子神を抱かれた御姿は慈愛に満ち平安時代を代表する大変貴重で珍しい御神像です。久しく秘蔵とされていましたが、平成七年御鎮座千二百年式年大祭に際し、二百七十年ぶりに特別公開されました。

天之真名井
この市比賣神社の境内には「天の真名井」と称される井戸があり、古来皇室において皇子・皇女御誕生の折にこの水を「産湯」に用いられました。また、洛陽の七名水に数えられ、願い事が一つ叶う一願成就の井戸として多くの人々が日々汲み戴きに訪れています。

社務所
〒600-8119
京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入
TEL 075-361-2775 FAX 075-361-2776

Copyright(C) Tu Es Adorable All Rights Reserved.